2013年3月19日火曜日

タイのチェンマイには世界各地からの訪問者を受け入れる「瞑想寺」が数多くある


☆世界各地から参加! タイで人気の瞑想修行体験記
(Excite Bit コネタ)

http://www.excite.co.jp/News/bit/E1363333680279.html?_p=all

タイ・チェンマイには世界各地からの訪問者を受け入れる瞑想寺が数多くあり、たくさんの人が瞑想コースに参加するというので体験してきた。



《タイ王国・観光庁の日本語ホームページより》

ワット・プラタート・ドイ・ステープ

http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=55

標高1080mのステープ山頂に建つこの寺院は、チェンマイを代表する名所です。1383年に当時のクーナ王によって建立され、特に高さ22mの金色に輝く仏塔は、緻密な装飾の美しさが実に見事。中には仏舎利(仏陀の遺骨)が納められ、今も人々の篤い信仰を集めています。



2013年3月16日土曜日

「井の頭弁財天」が12年に一度のご開帳(4月13~15日)


「井の頭弁財天は吉祥寺駅から徒歩5分井の頭公園内。弁財天は音楽や芸術、学問全般、財宝を授ける神様としての信仰を集めています。」
http://www.inokashirabenzaiten.com/welcome.htm



西嶋一泰
https://twitter.com/souryukutsu/status/312794595039789056
4月13~15日は、井の頭弁財天の12年に一度のご開帳。
https://twitter.com/souryukutsu/status/312794595039789056/photo/1





西嶋一泰
https://twitter.com/souryukutsu/status/312793991575908355
プチ地蔵 @井の頭弁財天
https://twitter.com/souryukutsu/status/312793991575908355/photo/1





2013年3月9日土曜日

飛行機事故について語るサイババ


2000年11月24日

場所:プラシャーンティ ニラヤム

第七回サティヤ・サイ・オーガニゼーション世界大会 閉会式の御講話

http://www.sathyasai.or.jp/mikotoba/discourses/d_20001124.html

もう一つ、心に留めておくべき重要なことがあります。たとえば、デリーやムンバイで急ぎの仕事があるとしましょう。あなたは飛行機で行くことができます。急ぎの仕事でないなら、なぜ飛行機を使って多くのお金を無駄にする必要があるでしょう? 列車で行けば、何か建設的な目的に使うことのできる多額のお金を節約することができます。空の旅は列車の旅より安全だと、あなたは言うかもしれません。しかし、最近、飛行機の墜落事故について耳にしませんでしたか? 最期が運命づけられているならば、どうあがいてもそれに直面せざるを得ません。出費を減らせば、あなたは平安な人生を送るようになるでしょう。お金を無駄にしてはなりません。お金の誤用は悪です。



《備考》

http://blog.goo.ne.jp/jasmine1020_2005/e/6b5359b108a30f68169eb2449a288c22

説明によれば、ベネズエラ航空の定期便が飛行中にトラブルを起こし、高度が低下、墜落の危機がせまった。
パイロットはエアホステスにサイババの帰依者がいることを知っており、祈ってくれるように頼んだという。
彼女がコックピットで祈りはじめると、機体は一瞬静止して、その後上昇はじめた。
サイババのイメージが雲の中に現われたのはこのときだった。
説明によれば、ババのイメージは飛行機が目的地に着くまでずっと現われていたという。

〔インド動画〕シュリ・ヴェンカテーシュワラ寺院のババジ像

インドのティルパティ(Tirupati)にある、シュリ・ヴェンカテーシュワラ寺院=Venkateshvara Temple

http://en.wikipedia.org/wiki/Tirumala_Venkateswara_Temple

http://youtu.be/nnWLG0ITvkk

のババジ(Balaji)像。



《青山圭秀博士のブログより》

http://blog.livedoor.jp/mariaoyama/archives/65640085.html

インド最大の聖地はどこかといわれれば、多くのインド人が「ティルパティ」と答えるに違いない。

(略)

チェンナイより北西へ約250km、海抜874mの山上にあり、毎年一千万人もの巡礼者を集める聖地である。
シュリ・ヴェンカテーシュワラ寺院に祀られている神は、北インドではバラジ、南インドではスリニヴァサとも呼ばれるが、実に、彼は「願いをかなえる神」なのだ。
特に、富と、愛情にかかわる願いをもった帰依者が来たら、それをかなえ、苦しみを取り除かないではいられない。
相対世界における強大な神として信仰を集め、巡礼者の数はインド一、御布施の額はヴァチカンに次いで世界で二番目であるというこの聖地では、時期によって、神像の前に到達するのに一日、二日もかかるという。



2013年3月8日金曜日

「ヘミシンクによる癒しの旅サポート」CDの効果はジワジワ現れることもあるらしい


「坂本さん(注:坂本政道氏を指すと思われる)によると、もしCDを聴いている時に特に何も感じなかったとしても、体や日常生活に、次々と変化が起こるそうで・・・」
http://d.hatena.ne.jp/ayadora/20121111/p1



インドのシュリ・ヴェンカテーシュワラ寺院の現世利益


はなゆー
https://twitter.com/hanayuu/status/309641006792466432

インドのシュリ・ヴェンカテーシュワラ寺院=Venkateshvara Temple

http://en.wikipedia.org/wiki/Tirumala_Venkateswara_Temple

http://www.youtube.com/watch?v=nnWLG0ITvkk

ここは日本で言うと生駒聖天みたいなところでしょうか?

             ↓

フルノサワコ(在インド邦人)
https://twitter.com/furunosawako/status/309753490920570880
生駒聖天に行ったことないのでわかりませんが、ここのお寺はお布施をすれば何倍にもなって返ってくる、ここの神様にした願い事は必ずかなうということで大人気のお寺です。ここの神様、ヴェンカテーシャの別名はバラジで、ビシュヌ神です。



《青山圭秀博士のブログより》

http://blog.livedoor.jp/mariaoyama/archives/65640085.html

インド最大の聖地はどこかといわれれば、多くのインド人が「ティルパティ」と答えるに違いない。

(略)

チェンナイより北西へ約250km、海抜874mの山上にあり、毎年一千万人もの巡礼者を集める聖地である。
シュリ・ヴェンカテーシュワラ寺院に祀られている神は、北インドではバラジ、南インドではスリニヴァサとも呼ばれるが、実に、彼は「願いをかなえる神」なのだ。
特に、富と、愛情にかかわる願いをもった帰依者が来たら、それをかなえ、苦しみを取り除かないではいられない。
相対世界における強大な神として信仰を集め、巡礼者の数はインド一、御布施の額はヴァチカンに次いで世界で二番目であるというこの聖地では、時期によって、神像の前に到達するのに一日、二日もかかるという。


このブログを検索

ブログ アーカイブ