2014年2月25日火曜日

用語解説「墓じまい」

https://twitter.com/neetnaokusan/status/438196340674138112


2014年2月24日月曜日

メールマガジン「地方の札所を巡る旅」

「全国の地方の札所巡り、知らぜざる見所、あんな所にこんなとこ、各寺寺の魅力を足で歩いて記録を報告いたします。」


※ 原則として、月曜の朝に発信されているようだ。

http://melma.com/backnumber_66380/


[Tags]仏閣。寺院。巡礼。札所。メールマガジン。メルマガ。

2014年2月11日火曜日

【動画】スリランカの「カタラガマ神殿」のプージャ(祈祷)の音響が素晴らしい

☆カタラガマ神殿

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%A9%E3%82%AC%E3%83%9E%E7%A5%9E%E6%AE%BF

カタラガマ神殿 (Kataragama Temple) はスリランカのウバ州カタラガマにある神殿。

都市名にもなっているカタラガマとはヒンドゥー教の軍神スカンダのことである。市内のキリ・ヴィハーラ(英語版)やモスクなど多くの宗教施設が集まる宗教公園内にあり、本殿付近には考古学博物館や菩提樹がある。



※ 太鼓やラッパや鐘がすごい音量で鳴り響く

           ↓

http://youtu.be/0g44NA3qPQs



スリランカの「カタラガマ神殿」でプージャ(祈祷)を受けた日本人の記

☆カタラガマ神殿

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%A9%E3%82%AC%E3%83%9E%E7%A5%9E%E6%AE%BF

カタラガマ神殿 (Kataragama Temple) はスリランカのウバ州カタラガマにある神殿。

都市名にもなっているカタラガマとはヒンドゥー教の軍神スカンダのことである。市内のキリ・ヴィハーラ(英語版)やモスクなど多くの宗教施設が集まる宗教公園内にあり、本殿付近には考古学博物館や菩提樹がある。



☆スリランカにおける諸宗教の「共生」
東洋大文学部インド哲学科教授 橋本泰元氏
2012年6月23日付 中外日報(論・談)

http://www.chugainippoh.co.jp/ronbun/2012/0623rondan.html

https://web.archive.org/web/20140211113328/http://www.chugainippoh.co.jp/ronbun/2012/0623rondan.html

夜のプージャーを観察したが、本尊カタラガマの祭司は白い半袖シャツと腰巻きを着けたカプラーラと呼ばれるシンハラ人男性で、7~8人常駐している。参拝者の供物半分を神前に捧げ賽銭を受け取り、参拝者の祈願を神に届ける役目をしているようだ。狭い外陣が渇仰の参拝者で横溢すると、大太鼓と鉦が耳を覆うほどの音量で打ち鳴らされ、主祭司が内陣の扉に掛けてある神像絵に開眼の献灯を行う。主祭司は神像が生きているかのように丁寧に神の示現を促す。



http://srilanka.blog88.fc2.com/?m&no=570
仏塔でお参りを済ませ神殿に戻ると、ちょうどプージャが始まった。お供え物を受け取り神殿の中へ。カタラガマ神のカラーは赤なので、ちょっとおどろおどろしい感じ。正面の孔雀に乗った神様がカタラガマ神。祭司にお供え物を渡し、お下がりをもらい、出口のところで、灰を眉間につけてもらい、聖水をもらって終わり。


http://www.tour.ne.jp/blog/e-tours/2797/
目の前のカタラガマの肖像をゆっくり拝む余裕もなく、神官が手に注いでくれた聖水を飲んで、額に白い灰をつけてもらい、そして、お盆に乗った豆や雑穀入りの御飯を手で受け取る。


http://tsaikaisi.blog137.fc2.com/category14-1.html
太鼓やラッパや鐘がすごい音量で鳴り響きました。待ちの時間が結構あり蒸し暑い中儀式は約1時間続いたので、いろんな願い事が浮かんできました。どの願い事を叶えてくれるでしょうか。









2014年2月9日日曜日

〔交通アクセス〕浅草駅前から待乳山聖天までの「めぐりん」バスと停留所の位置

857 名前:名無しさん@京都板じゃないよ
投稿日:2014/02/08(土) 10:45:52.18

浅草駅前から北めぐりんと東西めぐりんが発車しています。


待乳山(聖天)の前を通るのが北めぐりん

http://www.busnav.net/cgi-bin/d05_section.cgi?ecd=DK&a=k&k=DK01010101

http://www.taitoku-town.com/feature/21/route_map01

です。


「隅田公園」で降りてください。目の前が待乳山です。

パンダバス
http://www.pandabus.net/
はめぐりんバスとは別物です。

待乳山(聖天)へは「北めぐりん」です。



862 名前:名無しさん@京都板じゃないよ
投稿日:2014/02/08(土) 21:34:17.61
浅草駅前のどのあたりから発車していますか?
東武松屋デパートの前の都営バスの停留所がいくつもある界隈は知っていますが、めぐりん発車の停留所を見たことがありません。



863 名前:名無しさん@京都板じゃないよ
投稿日:2014/02/08(土) 21:40:44.43

ググればすぐにわかることを...

http://www.city.taito.lg.jp/index/kurashi/kotsu/megurin/rosenzu.html

(注:PDF)
http://www.city.taito.lg.jp/index/kurashi/kotsu/megurin/rosenzu.files/nihonngo-omote.pdf


864 名前:857
投稿日:2014/02/09(日) 00:45:47.92
東武鉄道のチケットカウンターのある出口といいましょうか。
松屋(デパート)の建物出て目の前がめぐりんの停留所です。都営バスの停留所と並んでありますよ。



☆めぐりん

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%81%E3%81%90%E3%82%8A%E3%82%93

めぐりんは、東京都台東区を走るコミュニティバスの名称である。

北めぐりん

浅草駅→花川戸→隅田公園→リバーサイドスポーツセンター前→今戸一丁目→今戸二丁目→橋場老人福祉館西→橋場一丁目→清川一丁目→吉原大門→三ノ輪駅→一葉記念館入口→金杉通り→根岸三丁目→入谷区民館根岸分館→鶯谷駅北→鶯谷駅南→入谷駅入口→入谷ふれあい市場前→生涯学習センター北→千束二丁目→千束三丁目→台東病院→千束小学校→浅草五丁目→浅草警察署前→浅草四丁目→浅草寺北→二天門→浅草松屋西→浅草駅

浅草駅を起点とし、三ノ輪駅、鶯谷駅、入谷駅、浅草寺などを経由して浅草駅に戻る区北部の1周約10kmのコースを走る一方向循環バスである。1周の所要時間は約75分、運行間隔は約15分である。循環のほか、千束三丁目始発、清川一丁目終点がある。



2014年2月8日土曜日

〔信貴山参拝メモ〕信貴山下駅の近くの勢野簡易郵便局にはATMがない

41 名前:名無しでGO!
投稿日:2014/02/08(土) 00:07:13.21 ID:Hkty8N0t0

近鉄信貴山下駅の近くにある勢野簡易郵便局
http://map.japanpost.jp/pc/syousai.php?id=300145765000
へ。

局名印がデザイン同じで黒と赤の二種類で局員さんもフレンドリーでした。


46 名前:名無しでGO!
投稿日:2014/02/08(土) 10:50:23.65 ID:3vtkadae0
勢野簡易郵便局はATMありましたか?


47 名前:名無しでGO!
投稿日:2014/02/08(土) 15:32:30.64 ID:U/7h7Qfi0
ATMないよ。
簡易局はないところのほうが多い。


48 名前:名無しでGO!
投稿日:2014/02/08(土) 19:35:42.49 ID:kxT//5WP0
それは良い情報。
勢野簡易郵便局は信貴山朝護孫子寺に最も近い郵便局なので、
ここにATMがあるのとないのとでは大違い。


大きな地図で見る

2014年2月4日火曜日

スピリチュアルなブックマーク(2010年6月25日作成)

大天使たちとの繋がり(シリウス文明がやって来る)
http://www.asyura2.com/07/lunchbreak9/msg/191.html

グレース(Masako&瑠璃の自己探求)
http://www.asyura2.com/07/lunchbreak9/msg/193.html

困ったときにはグレースのエロヒムに助けを求めます(ライトボディの目覚め)
http://www.asyura2.com/07/lunchbreak9/msg/192.html

天使たちのこと(京都写真紀行)
http://www.asyura2.com/07/lunchbreak9/msg/194.html

ハトホルからのメッセージ 2007年4月15日 
http://www.asyura2.com/07/lunchbreak9/msg/225.html

ジョナサン・ケイナーの星占い
http://www.cainer.com/japan/index.htm


「惑星の創造者」 最終インストラクション
http://satomis.exblog.jp/5749837


ハトホルたちからのメッセージ 2009年10月8日
http://www.asyura2.com/09/lunchbreak30/msg/562.html

2014年2月3日月曜日

サイババ「お前はもうこの人生でやることは残っていないから、今終わりにしてもいいけど、どうする?」

サイババ「お前はもうこの人生でやることは残っていないから、今終わりにしてもいいけど、どうする?」
http://furunosawako.blog59.fc2.com/blog-entry-1566.html


そういうわけで私は、いまだかつてなかった濃厚な思考の時間の後に、どっちにしようか本当にかなり迷ったのですが、
「(私を)元の世界に戻してください」
と、ババに告げました。
http://furunosawako.blog59.fc2.com/blog-entry-1568.html


〔Tags〕サイババ。サイ・ババ。飛行機。フルノサワコ。インド。古野SAWAKO。旅客機。

このブログを検索

ブログ アーカイブ