2017年10月11日水曜日

鞍馬寺(京都府京都市左京区鞍馬本町)の境内

※ 鞍馬寺(くらまでら)は、京都府京都市左京区鞍馬本町にある寺。1949年まで天台宗に属したが以降独立して鞍馬弘教総本山となっている。山号は鞍馬山。開基(創立者)は鑑真の高弟鑑禎(がんてい)とされている。
京都盆地の北に位置し、豊かな自然環境を残す鞍馬山の南斜面に位置する。

https://youtu.be/kmDvLc4K6zk



2017年10月10日火曜日

【動画】鞍馬駅(叡山電鉄・鞍馬線)から鞍馬寺への道のり(ルート)

※ 鞍馬寺(くらまでら)は、京都府京都市左京区鞍馬本町にある寺。1949年まで天台宗に属したが以降独立して鞍馬弘教総本山となっている。山号は鞍馬山。開基(創立者)は鑑真の高弟鑑禎(がんてい)とされている。
京都盆地の北に位置し、豊かな自然環境を残す鞍馬山の南斜面に位置する。
なお、鞍馬寺への輸送機関としてケーブルカー(鞍馬山鋼索鉄道)を運営しており、宗教法人としては唯一の鉄道事業者ともなっている。


https://youtu.be/eebfGkYJ4bw

2017年10月1日日曜日

チベットのデロク(臨死体験)文学の一例

※ 中陰(ちゅういん)、中有(ちゅうう)または中蘊(ちゅううん、梵: antarabhāva, 蔵: bar do)は、仏教で人が死んでから次の生を受けるまでの49日間を指す。死者が今生と後生の中間にいるためantara(中間の)bhāva(生存状態)という。



http://ishihama.tibetan-studies.net/okamenomori/classictibetan/daslok.html


(キャッシュ)
https://web.archive.org/web/20171001102728/http://ishihama.tibetan-studies.net/okamenomori/classictibetan/daslok.html

このブログを検索

ブログ アーカイブ